profilephoto
2010年9月開業 企画事務所 office TK
office TKは「地域の編集・加工・発信」会社
眠っていた モノ・コト・ヒトを繋げて新しい局面を創ります。
officeTKのホームページ   http://officetk.org/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 癒しのマルシェ出店募集中です | main | 自分と似た人が・・ >>
今週は色々と・・・
 


今週は色々と忙しくしておりました。
ブログを更新する余裕もなく・・・ストイックな日々


まず週明けからメールの不具合にて混乱。
3月位からまずひとりの方から「メール届いてます?」といわれ始め
5月に入り、もう一人メールのやりとりが出来ない人が登場。
プロバイダーに連絡して調査してもらうも、不明。
そしたら今週初め、イベント関係の方にお電話入れたところ、
私のメールに「返信しました〜」といわれるが届いていない
これはいよいよおかしいぞ!ということで再調査してもらったら
サーバーに40通近いメールが引っ掛かっていた模様で
画面上に一気に流れてきたメールを見て冷や汗が出た。


そして出店のリーシング作業に走り回り、自分の考え方のクセに
自己嫌悪。
私の場合「深く考えすぎる」というのが根本にあり、時にメリットでもあり
時にデメリットにもなる。
根本にある考え方が、ウエディングプランナーをやった時に更に磨かれて
しまったよう(〜〜;
時に考えすぎず行動することも大事で、答えは相手に委ねることも
大事な事なんだと思う。
寡黙にひとりで考えまくって行動していると、良くない場合もあるもの
で、午後にある方とお話して気分が整理され、考えすぎず行動できた。

仕事をやっていると、ギリギリまで夫婦でも相談しない、あえて
言わないことが多い。(あれこれ指図されたくない 笑)
そのせいで、つい感情の行き違いがあったり、結婚して年数も経つと
会話も少なって、時にギスギスもしたり・・・
そんな中、少し仕事の状況を打ち明けてみた。
それで子ども達を送りだしたあと、一緒に食事をした時に録画していた
情熱大陸を見た。
日本最高齢の
助産師 坂本フジヱさんだ。
無駄な力は一切入らない、ただひたすら目の前のお産に向かう姿は
神の域の様・・・
お産の模様は自分達の時の事を思い出しながら・・・画面の中で立会出産で
旦那さんが泣いていたのを見て夫も思い出したのかな〜?
それとおそらく夫婦で「ピーン」と来たと思うのが、今年3月に御主人を亡くされた
坂本フジヱさんが唯一「悔い」だと思う事として、
無くなった旦那さんと「言葉を交わすのが足りんかったと思う」とおっしゃって
いたこと。
これは心に響いた・・・おそらく夫の心にも響いたと思う。
九州男児の夫へは余計なことは言わない・・というのがクセになっていたけど、
それから、どちらからともなく少なくなっていた会話が増えてきたと思う。
夫婦揃ってこの一言を聞けたことがとてもありがたかったと思うのでした。


子ども達も色々裏切りません 笑
日々渋みが増してきた小2の娘、毎日図書室から本を借りてくるのですが
先日借りていた本をみたら、

こんな本↓



渋すぎる・・・・・ 「ママがこんな石好きかと思って・・・」らしいです 笑
夫も「日本の鉱物かよ!?」と苦笑い


ムスコは毎日 顔全体でいろんなものを食べまくってます。

気を使ってくれる夫に感謝
笑わかせてくれる子ども達に感謝!^^
アリガトウ



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://office-tk.jugem.jp/trackback/251
TRACKBACK