profilephoto
2010年9月開業 企画事務所 office TK
office TKは「地域の編集・加工・発信」会社
眠っていた モノ・コト・ヒトを繋げて新しい局面を創ります。
officeTKのホームページ   http://officetk.org/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きゃべつ
JUGEMテーマ:つぶやき。



営業しているの??と思いながら入った大牟田市内のお店

「きゃべつ」さん

私の目は節穴でした。



12時のon time 持ち帰り予約と店内大賑わいで

ヘラでお好み焼きをカットする音が響き渡るほど・・・



こんもりキャベツがぺしゃんこに・・・美味しくいただきました。

冬は鉄板の前がおすすめだそう。   また行くな・・・



 
ラブリーなのである・・・ガード下食堂
JUGEMテーマ:観光まちづくり
JUGEMテーマ:つぶやき。








P1030286_R.JPG 

大牟田市栄町にある「ガード下食堂」

もの心ついた時からず〜っと知ってたけど、回転饅頭は買いに行ってたけど

中で食べたことはなかった。

炭鉱電車「浜線」のガードの下。


最近やたらと「食堂」に関心がいってしまうのはなぜだろう・・・


P1030282_R.JPG

それにしても中に入ると、意外にも明るくて居心地が良いのである。

そして中からは道行く人が良く見える。

そして、お昼時は入れ替わりお客さんが入ってきて、麺類食べて回転饅頭買って

帰ってる。 客単価結構高いのである・・・・・


噂のちゃんぽんをいただく
P1030283_R.JPG

アラフォーにはありがたい(笑)アッサリなのに、ちゃんと味はしっかりしている。

おじいちゃんとおばあちゃんはとっくに80歳台だと思われるが、料理はキッチリ

生きている。

同行のスタッフhanaさんと次は何を食べるか?を相談・・・

こんな懐かしさは他にはないな〜 あ〜ラブリーガード下食堂

チャーミングなおじいちゃんは、結構社交家らしく福岡カメラ女子が

押し寄せたときはポーズまでとってたらしいので、次は色々お話したいな〜

道行く若いカップルがもの凄く興味ありげに見ながら通りすぎていった

ぜひ、入ってみて食べてみて欲しい。

きっとおじいちゃん嬉しがるはず 



Yoshida's ソース
JUGEMテーマ:つぶやき。
 


先日3度目のコストコに行って色々お買い物。

毎回、手にとっては「う〜ん やっぱり」と戻すものが多い・・・

やっぱり量的な問題が多くて、美味しそうだけど多すぎるとか・・・

今回は思い切って907g入りのポテトチップスと これ↓を購入



Yoshida'sバーベキューソース。

以前にテレビでチラッと見ていたことがあって、吉田さんという日本人が

アメリカへ渡り、ソースでアメリカンドリームを掴んだストーリーだ。

最初からソースを売ろうとアメリカに渡った訳でもなく、たまたま

知り合いに配った手作りのタレが評判になり・・・というのが出発点。

そんなストーリーを知らなかったら1.25舛發△襯宗璽垢論簑佛磴錣覆ぁ‐

でも、そのアメリカンドリームを想像しながら食べて見たいと思ったので

購入。  

その「ストーリー」というのが今の私のマイブームなので、そんなことも

ツラツラ考えながら、いつ開けようかと思案中・・・・・
長崎のちりんちりんアイス
JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
JUGEMテーマ:つぶやき。
 

5月以来、久しぶりの長崎訪問です。

待ち時間の間は、子どもたちと長崎中心部ブラ散歩。

長崎中華街 江山楼でコイとカメさわって〜


ママは縁起物の龍を携帯待ち受け用に撮影して


中華街路地裏の猫と戯れ中


お昼は「旬屋」」のバイキング 長崎らしく「ハトシ」とかデザートに「カステラ」も・・・
ムスメのオススメはオクラ 笑




諸事を終えたあとは、かなりごりっぱな長崎市民プールへ・・・

私は水着らしい水着を持っていないので、プールサイド当番。

さぞかし暑かろうと予想していたが、水のそばは涼しい風が吹き抜ける感じで

不快感を覚えることもなく約2時間。

そして、プールを出たところに待ち構える ちりんちりんアイスの屋台2台

¥100という値段もあり、ほぼ全員吸い込まれるように買っています。


ムスコもワクワクしながら待っていると・・・


バラの形に盛られたちりんちりんアイスを渡してもらいました。

アイスと氷を混ぜたような食感・・・決してグルメな味ではないけど、ノスタルジイですね。

私はグラバー邸の下で食べたな〜 長崎の名所にはこの屋台必ずありますモンね。



帰りは有明フェリー 新船「有明みらい」
屋上デッキに行くと、こんなカラフルな地図があります。

有明海の上に寝そべる、どこまでも自由なムスメでした・・・
醤油屋さんで醤油を買う
JUGEMテーマ:観光まちづくり
JUGEMテーマ:つぶやき。

昨日は知人のおうちで梅ちぎり・・・
「ちぎり」というと優雅に聞こえるかもしれないが、梅探検&捜索という方が
あっているかもしれない 笑 (高枝切りハサミとスキンガード必携)
長年そのままにしてある梅の木なので、ぐんぐん伸びた枝でさながらジャングル
と化した梅園で収穫してまいりました。
こんな場所で本領発揮するのが、officeTK広川営業所のはなこさん
山育ちの彼女にとってはどうってことないらしく
子どもの背丈位の草をドンドン踏んで、ケモノ道作ってくれました。
どこまでもタフガイです(笑) ガイじゃないか・・・
完全無農薬のプリプリの梅は一晩水につけてアク抜きして
梅シロップ予定です。





で醤油のハナシです。

先祖代々大牟田人がキャッチフレーズの私・・・笑

家の仏壇の過去帳でもっとも古い年号は文久二年

もっと古い神社の言い伝えでは 「延元」などという年号がでてきます。

千なん百年も前ってことですね。

そんな生粋の大牟田っ子の私、ご近所に醤油屋さんがあるのですが、

物心ついたときから風景の一つなので、醤油はスーパーで買ってました。

しかし、最近は地元発掘に目覚めているので、ご近所で作られた醤油を

スーパーで買っていました。

が、ご近所のおばちゃんとお話していたら、工場事務所でも買えるということが

わかって、醤油が切れるのを密かに待っていました。

昨日ははなこさんもきていたので、誘い合わせていそいそと買いに行きました。

マルナガ醤油さん 明治36年創業

こちらは諏訪川沿いにあるのですが、昔は海上交通を使って運搬していたと

おもわれますので、うちの近所は商家の屋号を持っていたおうちが多かった

のです。ちなみにうちは「いずみや」

何を商っていたかはよくわからないのですが、子どものころはよく

「いずみやさんのお孫さんね〜」と言われていたキオクが蘇ります。

そんなこんなで、昔からある醤油屋さんに生まれて初めて買いに行った

という歴史的な一日でした。

次は工場に潜入を目論んでいます (笑)